検定概要

「ビジネス数学検定」は、日常生活やビジネスの現場での数字の活用能力を測定する検定です。

ビジネス数学検定は、インターネット上で受検できるWBT(Web Based Testing)方式を採用し、5つの力の分析結果や総合スコアは受検直後に表示されます。場所を問わず受検者の都合に合わせて受検できるため、忙しいビジネスパーソンの方も1時間程度で検定を受けられます。個人受検と団体受検がございますので、用途に合わせてご利用ください。
また、同一の検定期間において、複数の階級を受検することも可能ですので、ご自身のスキルアップにご活用ください。

各階級の概要

3級学生・新入社員のための数字活用力

検定時間

60分

出題数

30問(5者択一問題)

認定基準点

70点(100点満点)

検定料

4,400円

検定の内容・技能の概要

5


把握力
グラフの把握(折れ線グラフ・棒グラフ・円グラフなど)・労働時間の把握・給料の把握・
簡単なデータの把握・平均値の把握・時差の把握・集合の把握 など
分析力
定価・利益の計算・売上高の計算・割合を用いた計算・金利の計算・為替差益の計算・
仕入原価の計算・債券利回りの計算・税額(所得税など)の計算 など
選択力
交通機関の選択・数値の比較による選択・スコアシートによる選択・割合を用いた選択・
期待値による選択 など
予測力
到着時刻の予測・平均を用いた予測・加重平均を用いた予測・一次関数を用いた予測・
連立方程式を用いた予測 など
表現力
折れ線グラフでの表現・棒グラフでの表現・円グラフでの表現・図表の適切な使用法・
関数のグラフ表現・バブルチャートによる表現 など
2級マネジャーのための数字活用力

検定時間

60分

出題数

30問(5者択一問題)

認定基準点

70点(100点満点)

検定料

6,600円

検定の内容・技能の概要

5


把握力
簡単なデータの把握・平均値の把握・時差の把握・集合の把握・論理的な文章把握・
グラフからの相関関係の把握・商品の位置づけの把握 など
分析力
金利の計算・為替差益の計算・仕入原価の計算・債券利回りの計算・
税額(所得税など)の計算・損益分岐点分析・財務諸表分析 など
選択力
スコアシートによる選択・割合を用いた選択・確率や期待値による選択・株式投資・
財務諸表分析や投資指標を基にした選択 など
予測力
平均変化率を用いた予測・一次関数・連立方程式を用いた予測・
データに基づいた業績の予測 など
表現力
図表の適切な使用法・関数のグラフ表現・バブルチャートによる表現・
レーダーチャートによる表現・三角グラフによる表現・ベん図による表現 など
1級データサイエンティスト入門者のための数字活用力

検定時間

90分

出題数

30問(5者択一問題)

認定基準点

70点(100点満点)

AAA認定 90点以上
AA認定 80点以上
A認定 70点以上

検定料

8,800円

検定の内容・技能の概要

5


把握力
集合の把握・論理的な文章把握・グラフからの相関関係の把握・高度な統計処理・作業工程の把握・品質管理 など
分析力
損益分岐点分析・財務諸表分析・キャッシュフロー現在価値分析(DCF法・NPV法・IRR法)・クリティカルパス分析・ポートフォリオ分析 など
選択力
確率や期待値による選択・株式投資の指標・財務諸表分析や投資指標を基にした選択・デシジョンツリーを用いた選択・ゲーム理論 など
予測力
加重平均を用いた予測・相乗平均を用いた予測・統計に基づく予測・複数のデータに基づく予測・マクロ経済学による予測・ミクロ経済学による予測 など
表現力
バブルチャートによる表現・ベン図による表現・対数グラフによる表現・統計分析の結果の表現・三次元グラフによる表現 など

受検の際に必要な持ち物

受検の際には、以下の4点をご用意ください。

  • 筆記用具
  • 計算用紙
  • 電卓または関数電卓
  • 表計算ソフト(1級のみ)

検定結果

各階級とも70点でスキルを認定します。1級のみ、A認定(70点以上)、AA認定(80点以上)、AAA認定(90点以上)の認定ランクを設定します。
検定結果は総得点、および「5つの力」それぞれの得点を表示し、どの部分に強み・弱みがあるのかをレーダーチャートを用いてビジュアルで評価します。

個別成績票サンプル

マイページの[個別成績票]ボタンをクリックすると、個別成績票が出力されます。

個別成績票サンプル

スキル認定証

ビジネス数学検定の各階級の認定基準点に到達された方には、オープンバッジを発行いたします。オープンバッジについては、下記のリンク先でご確認ください。

  • ※紙の合格証の発行は2020年8月検定をもって終了しました。

オープンバッジについて

オープンバッジ